« おもしろ動画達 | トップページ | 合間を縫う花 »

DIY・ドラム・リペアー

ここ最近、ドラムの塗装をやり直しています。
今回のDIYはフロアタムのカバリングを剥がし、ラッカー仕上げにしました。

以前メーカーにドラムのリペアを問い合わせた事があったのですが(たぶん前世紀終わり頃)、カバリングからラッカー仕上げは板の選び方が違うので不可、という事でした。仕方がないので、DIYでラッカー仕上げする事にしたのです。
Img_0241b010429
2001年春まではディープオーシャン(紺色)のカバリングでした。

01102605
後に買った手前の15"タムがオレンジ・サンバースト(?)ラッカーだったので、それに似せてスプレー塗装しました。
クリヤ上塗りをしてないので、表面のツヤはほとんどありませんが、まずまずの塗りになったのですよ!(2001年5月頃)
しばらくはこの塗装のまま過ごしました。

Kc3i0091
2014年頃、CPJ@ブルースアレイでのセット。
ラッカーとカバリング混在で使ったりしてました。
仕上げによる音色の違いは、無くはないのですが、あまり気になりませんでした。
ヘッドやチューニングの違いのほうが、明らかなので!!

でも…
それから15年ほど歳月が流れ、突如クリアの上塗りを始めました。
22"キック、12"タムを塗り終え、後で買い足した16"GAX(イエロー・カバリング)が次のターゲット。

まずは劣化して波打ったカバリングを剥がす。
Img_5006
ていねいに、剥がす。

Img_5008
この辺りのカバリングは、一部分テープで接着して巻いてあるだけなので、テープの部分をドライヤーで暖めればわりと簡単に剥がれます。

Img_5011
オービタルサンダーでシェルの表面を削り、細かい部分はハンドサンダーで下地を整えます。
粗いほうから細かい順に、#80〜#320あたりを使いました。
実はこの地味な作業が一番大変で、全体の労力の8割はここで費やすぐらいの感じです。

Img_5013
凹みはパテパテ埋めます。

Img_5014
突如、塗り上がりました。
塗装の途中、撮影を忘れていただけなんですけどね!!
塗り重ねる途中はペーパー#400、#600、#800あたりを順に使って塗装面を整えてます。
今回オレンジ色は下塗りの上に重ねてます。
作業場所はドライエリア(外)。なので、蚊取り線香を忘れずに。
塗装中は離してね、火気厳禁!!
養生のレジャーシートは色柄控えめなのがベターです。塗る背景がこんなにカラフルだと、めちゃウザいですw
グラデーションのクオリティに影響が!

Img_5015
下塗りのサンディングシーラー、オレンジラッカーはシリコン・アクリル、クリヤラッカーはニトロセルロースです多分。
クリヤは多分420ml x 3本半ぐらい使いました。キックの時は5本は使ったよ!
後ろに立て掛けてあるのはテレビ回転台、塗装の時に便利です。
10"しかないので板にのっけてクルクルシュ〜
そして塗り重ねて行くと、段々厚みと重みが増す…
あとコンパウンドは#2000と#9800。もう、ピッカピカ!
安いポリッシャー使ってますが、無いよりは楽です。

Img_5025
塗装ついでにラグやリムも奇麗にします。
100均のゴムヤスリが意外と使い易い。
あとグリースとボルトタイトもやっておくとバッチリです。
グリースでかいw

Img_5027
これで3点塗り直しがそろいました。
エアベントパーツは、ハトメ式で取り付けが面倒…
付けずに放置プレイで!!

Img_5030
パーツのグラデーションの違いをものともせず、ピッカピカなので嬉しいです。
つや消しも好きなんですけどね!!

音色は、クリヤラッカー分は違うと思うんですけど…あまり気にならないです。
重くなった分、音が締まっているようで、硬度が上がった分、高いほうの倍音がよく響いてます!!
残りのタムを塗り直す日も、そう遠くないような気がします。

« おもしろ動画達 | トップページ | 合間を縫う花 »

DIY」カテゴリの記事

コメント

えーーすごい!
ドラム専門誌にまとめて投稿されてはいかが?

うちの譜面台の、黒の艶消し塗装がハゲてるのは修繕できるかしら?

kamonoさんどうも〜
最近、工具が揃ってきました!
>譜面台
サビ、汚れを落としてプライマーで下塗り、マットブラック吹いて完成ですわ。
でも譜面台も安くていいのがありますよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おもしろ動画達 | トップページ | 合間を縫う花 »

フォト

メガリンク

他のアカウント

無料ブログはココログ