合間を縫う花

梅雨の合間、カメラでベランダを縫う。

Img_5047
ブルースター

Img_5049
Img_5067
アメリカンブルーはピンよりグロス

Img_5051
赤めのガーベラ

Img_5057
オリヅルラン

Img_5060
小タイム

Img_5066
謎花

Img_5073
Img_5075
咲き始めの白アジサイ

Img_5085
カサブランカ咲きそう

Img_5077
ネジバナちょっと咲く

Img_5087
ナメクジにめげないマリーゴールド

DIY・ドラム・リペアー

ここ最近、ドラムの塗装をやり直しています。
今回のDIYはフロアタムのカバリングを剥がし、ラッカー仕上げにしました。

以前メーカーにドラムのリペアを問い合わせた事があったのですが(たぶん前世紀終わり頃)、カバリングからラッカー仕上げは板の選び方が違うので不可、という事でした。仕方がないので、DIYでラッカー仕上げする事にしたのです。
Img_0241b010429
2001年春まではディープオーシャン(紺色)のカバリングでした。

01102605
後に買った手前の15"タムがオレンジ・サンバースト(?)ラッカーだったので、それに似せてスプレー塗装しました。
クリヤ上塗りをしてないので、表面のツヤはほとんどありませんが、まずまずの塗りになったのですよ!(2001年5月頃)
しばらくはこの塗装のまま過ごしました。

Kc3i0091
2014年頃、CPJ@ブルースアレイでのセット。
ラッカーとカバリング混在で使ったりしてました。
仕上げによる音色の違いは、無くはないのですが、あまり気になりませんでした。
ヘッドやチューニングの違いのほうが、明らかなので!!

でも…
それから15年ほど歳月が流れ、突如クリアの上塗りを始めました。
22"キック、12"タムを塗り終え、後で買い足した16"GAX(イエロー・カバリング)が次のターゲット。

まずは劣化して波打ったカバリングを剥がす。
Img_5006
ていねいに、剥がす。

Img_5008
この辺りのカバリングは、一部分テープで接着して巻いてあるだけなので、テープの部分をドライヤーで暖めればわりと簡単に剥がれます。

Img_5011
オービルサンダーでシェルの表面を削り、細かい部分はハンドサンダーで下地を整えます。
粗いほうから細かい順に、#80〜#320あたりを使いました。
実はこの地味な作業が一番大変で、全体の労力の8割はここで費やすぐらいの感じです。
sweat01

Img_5013
凹みはパテパテ埋めます。

Img_5014
突如、塗り上がりました。
塗装の途中、撮影を忘れていただけなんですけどね!!
塗り重ねる途中はペーパー#400、#600、#800あたりを順に使って塗装面を整えてます。
今回オレンジ色は下塗りの上に重ねてます。
作業場所はドライエリア(外)。なので、蚊取り線香を忘れずに。
塗装中は離してね、火気厳禁!!
養生のレジャーシートは色柄控えめなのがベターです。塗る背景がこんなにカラフルだと、めちゃウザいですw
グラデーションのクオリティに影響が!

Img_5015
下塗りのサンディングシーラー、オレンジラッカーはシリコン・アクリル、クリヤラッカーはニトロセルロースです多分。
クリヤは多分420ml x 3本半ぐらい使いました。キックの時は5本は使ったよ!
後ろに立て掛けてあるのはテレビ回転台、塗装の時に便利です。
10"しかないので板にのっけてクルクルシュ〜
そして塗り重ねて行くと、段々厚みと重みが増す…
あとコンパウンドは#2000と#9800。もう、ピッカピカ!
安いポリッシャー使ってますが、無いよりは楽です。

Img_5025
塗装ついでにラグやリムも奇麗にします。
100均のゴムヤスリが意外と使い易い。
あとグリースとボルトタイトもやっておくとバッチリです。
グリースでかいw

Img_5027
これで3点塗り直しがそろいました。
エアベントパーツは、ハトメ式で取り付けが面倒…
付けずに放置プレイで!!

Img_5030
パーツのグラデーションの違いをものともせず、ピッカピカなので嬉しいです。
つや消しも好きなんですけどね!!

音色は、クリヤラッカー分は違うと思うんですけど…あまり気にならないです。
重くなった分、音が締まっているようで、硬度が上がった分、高いほうの倍音がよく響いてます!!
残りのタムを塗り直す日も、そう遠くないような気がします。scissors

おもしろ動画達

今まで見た中で面白かった動画達。
ドラム多め。既出のもあります。


ドラマーあるある失敗例集。
叩いてる本人は気がついてなかったりするんですよね〜


目立ち過ぎるロック・ドラマー。
こんなに過剰な動きでよく叩けるな〜凄い!


目立ち過ぎる演歌ドラマー。
それを3Dアニメで完コピしてます。律ちゃん凄い!
澪がベース持たずに歌ってるのがリアルw


デスメタルの当て振りドラマー。
叩きにくい転がるオフィスチェアーを物ともせずw


パーカー、ガレスピー、バディ・リッチをパントマイムというか、顔で表現。
アドリブ・チェイスが痴話喧嘩風で、ドラムが心理描写風?


音楽鳴ってないのがまた(笑
マイケルと、ピアノの発表会前日の微妙なテンションがよくマッチしてます。

170819 Lu7 Live『えるゆーせぶん夏祭り2017』@音楽室DX

2017年8月19日(土)
Lu7 Live『えるゆーせぶん夏祭り2017』@音楽室DX

梅垣ルナ(Key)
栗原務(Gt)
岡田治郎(Bs)
嶋村一徳(Ds)

Open18:30/Start19:30
adv3000円/door3500円
(Drink&Food別)

この夏祭りはドラムで参加しますよろしく!

Kc3i0200

notes


170804 かれいどすけーぷ 3rd CD「時空旅行」発売記念ライブ@京都RAG

2017年8月4日(金)
「かれいどすけーぷ 3rd CD『時空旅行』リリースライブ」@京都RAG
開場18:00 開演19:30
前¥3,000、当¥3,500

前田祐希(Vocal)
松井秋彦(編曲、Piano, Guitar, Kicque)
嶋村一徳(Drums)

京都限定トリオで参加しますよろしく!

17973660_1455615771146955_845108947

170706 かれいどすけーぷ 3rd CD「時空旅行」リリースライブ@目黒ブルースアレイ

2017年7月6日(木)
「かれいどすけーぷ 3rd CD『時空旅行』リリースライブ」@Blues Alley Japan
開場18:00 開演19:30
前売券 テーブル席(指定)¥4,000
Dinner Set(Mini Dinner・1Drink付/MC・SC込)¥11,000
当日券は各料金¥500UP (各税込)

前田祐希(Vocal)
松井秋彦(編曲、Piano,Guitar)
岡田治郎(Bass)
嶋村一徳(Drums)

7つのリズムで参加しますよろしく!

18121552_1465148656860333_456102485


明るい花、暗い花

うちの暗い花代表、ヤマボウシ。

Img_4998
咲いてる所は明るいが

Img_5000
暗い

Img_5001
多くても、暗い

Img_5002
正面でも、暗い

うちの明るい花2番手、ブルースター。

Img_5004
明るい

Img_5005
アブラムシが集っても、明るい

ユズの花

ユズの花。
18年も待ってないで咲きました!

Img_4993

Img_4994

以前咲いたシークヮーサーと同じ形です。
リンク: シークヮーサーの花 2: メガロン一刻.

Lu7 Channelにシルエレのダイジェスト動画がアップされました

先日のライブの様子がアップされています。
コアな方にも、そうでもない方にもw

なかなかイイ音してますなclear

Kimg0192

notes

20170513Lu7@シルエレでのi徳セット

シルエレにはスネア、キックペダル、パーカス小物を持ち込み、他はお店のドラムをお借りしました。

Kimg0194
Canopus M-1365 with Pearl Fat Tone Hoop

Kimg0195
Pearl P-3002DL, H-1000

Kimg0196
Meinl GX-8DB, TRIBAL BEAT Shekere small SH209a

Kimg0198
Kimg0204
Pearl GAX 22",16",12"
うちにも同じ年代のGAX(メイプルファイバー)セットがあります

Kimg0200
鏡だと、右セットに見えます

Kimg0197
舞台後方上部の鏡に向かってヂドリたちcamera

Kimg0201
外は雨…

Index
シルエレのロゴはゾウ
Lu7文字が、だんだんゾウに見えてきませんか?

foot shoe notes

Lu7(エルユーセブン)キーボードのるなさんがライブをセルフレポしてます。

リンク: 20170513えるゆーせぶん五月場所:ご来場頂き有り難うございましたレポ | ルナリズム.


«なぞのはな

フォト

メガリンク

無料ブログはココログ